斉年寺道場剣志会 「稽古風景」



さあ、

いよいよ稽古の始まりです。

 

先生たちに

今日もがんばる誠意

見せます。

 

先生たちも、子供達の状態を把握します。

 

 

 

 

道場の訓を唱和して、

正しい人間を育成します。

 

剣道の理念

剣道修練の心構え

道場の訓

 

年中さんも、年長さんも、

がんばって読んでいますよ。

 

 

 

 

 

 

稽古に入る前に、精神を集中します。

今日も一生懸命練習をがんばります!

 

 

 

 

 道場生全員で、基本素振りから、

 一本一本大切に行います。

たかが素振り、されど素振りです。


 

 

素振りの練習を何度も繰り返し行い、基本を身に付けます。

 

写真は5部(新入生)の道場生です。4月から練習を重ね、さまになってきましたよ!

いや~~~~!!面!面!

 

 

 

 

 

斉年寺は、元気な子が大好き!

みんな、大きな声で元気よく、

がんばっています。

 

最初は恥ずかしいかもしれませんが、

もうなれっこ!僕の方が大きな声だぞ!

 

そう、声・気合が負けては、

相手に勝てませんからね。

 

 

 

 

初心者クラス(5部)だって、

負けてはいませんよ!

 

声を大きく出し、

気合十分です。「いや~!!」

 

もしかしたら、

先輩より大きな声かも!

 4部の道場生は防具を付け、元気よく練習!

先輩に負けないような元気で、がんばっています。

 

時には、先生の顔も緩んでしまう、珍プレイも・・・(笑)

 

 

 

3部の

練習です。 

 

勝つ剣道を教える前に、基本を徹底的に教えます。

  2部の練習では、基本に応用を加え、 勝てるように指導していきます。

一振り一振りが大切になってきます。

 

合同練習では、みんな負けじとがんばっていて、道場の外にも声が響き渡り、活気付いています!

 

 

 

 

 

1部の

練習です。

 

やるか、

やられるか

 

一瞬の気の緩みも許されませんよ!

 

 

相手の呼吸を読み取り

 

攻撃に打って出ます。

 

 

 

気合の入った

 

胴打ち!

 

 

 

まっすぐに

 

面が

打てるように

 

練習を

重ねます。