斉年寺道場剣志会 「ごあいさつ」


 

 

道場主

 

 下山 博之

 

 

生年月日 

  昭和43年 1月17日

 

役歴

   愛知県剣道道場連盟副理事長

  尾南地区剣道連盟理事 

  駒澤大学剣道部卒

    剣道教士7段

 

  斉年寺道場剣志会は、昭和42年4月に、

「大野少年剣道クラブ」として、父・下山 文圭が 設立しました。 

昭和51年に「斉年寺道場剣志会」と改名し今に至っています。

 

曹洞宗斉年寺は愛知県常滑市大野町に位置し、約480年の歴史あるお寺です。大河ドラマ「お江」の最初の嫁ぎ先、尾張藩大野城主・佐治一成の菩提寺でもあります。

(大河ドラマでも紹介されました。)

 

当初は斉年寺の本堂にて稽古をしていましたが、平成15年に本堂修築を機に練習場を、

常滑市立青海中学校武道場に移しました。

  お寺が母体となっている為、剣禅一如の精神に徹し、 

                        

            「忍」

 

の字を座右の名とし、 将来、社会に適応出来る人間作りを目指し、剣道の修錬はもちろんの事、 特に礼儀作法においては、親子共に指導をしています。

  

 私の願いは、一人でも多くの子供達が剣道を通じ心と体を鍛え、その過程で仲間を

思いやる事、目標に向かって努力することを学び、再び指導者となって、この道場に

帰ってきてくれる事です。そして最終的に剣道の力で皆が幸せになれる事を切に願います。

  

 すべてが、長く厳しい人生を生きていく活力となるように、そして大きな翼をひろげ、

大海原に飛び立つ子供達の為に、いつまでも応援できる道場でありたいと思っています。